スポンサーリンク




こんにちは、現在0歳の息子を育児中のromuママ☆です。今回は【三歳児神話】についてお付き合い下さい。

子供が産まれてから気づいた話しなんですが、
親や周りの高齢者から、「3歳までが大事」「3歳までは仕事しないで育児しなきゃダメよ」とか、ことわざで「〝三つ子の魂 百まで〟って言葉があるのよ」と言われたりすることありませんか?

確かに、ずっと前から耳にする言葉だったので、私自身もなんとなく信じていました。

でも、自分が子供を持つようになって、よく考えてみたら!
それって本当なのかな??
そもそも何か根拠があるのかな??
と疑問に思いました。

子供とは一緒にいたいけど、経済的や環境的に働きに出なきゃいけないくなるかもしれない!
きっと、この【三歳児神話】で不安に思ってるママが他にもたくさんいると思ったので、
専門書籍やインターネットで調べて まとめてみました!

SPONSORED LINK



この「3歳までに…」という言葉が使われているのは、

  • 3歳までは 母親が育児に専念すべき?
  • 3歳までに形成された性格は一生変わらない?
  • 3歳までに培った習慣が一生つづくため、それまでに教育や習い事をさせるべき?

この3つではないでしょうか。
これらを【3歳児神話】と呼ぶそうです。

では、一つずつ見ていきたいと思いまーす!

 


3歳までは 母親が育児に専念すべき?


3歳児神話の「3歳までは母親が子育てをするべきだ」という神話は真話なのか。

母親が育てた場合と、保育所に預けた場合のとでの子供の発達の違いについて研究が多くされているが、
それら研究が見出したことは「3歳児神話」は「真話」ではないということ。

さらに子育ては「母親の関わる時間の長さ」ではなく、「」がとても重要なのだということです。

子育ては母親だけの責任ではなく、父母が協力して子供との関わりを楽しみながら、父母の生き方や価値観を伝える営みです。

↑出典:   乳児保育の基本 

 

 

心理学の観点から考えると、神話か否かということですが、答えはイエスでもあり、ノーでもあると私は考えております。

幼少期は大切ですが、なぜ幼少期が大事かについても同時に考える必要があります。幼少期の課題は愛を知ることです。

よく、母性というのは女性の産む能力を単純に育児能力につなげて考える傾向がありますが、母子関係はトータルに見ていく必要があるということです。

母親が長い時間過ごして育児をしていても、その母親が育児にストレスを感じて虐待や育児放棄をしてしまってはダメですし、母親だけが愛を与えられるわけでもないのです。

子供を愛おしく思い、子供が育つ力を精いっぱい支援しようという温かな思いやりが重要で、父親や祖父母、保育者や地域の人々もこうした愛を子どもに注ぐことは可能ですし、現に多くの人々がそうした養育行動を発揮しています。

↑出典:   日本あかちゃん学会 シンポジウム2
        3歳児神話を検証する2~育児の現場から~

 

 

これまで述べてきたように,母親が育児に専念することは歴史的に見て普遍的なものでもないし,たいていの育児は父親(男性)によっても遂行可能である。
また,母親と子どもの過度の密着はむしろ弊害を生んでいる,との指摘も強い。

欧米の研究でも,母子関係のみの強調は見直され,父親やその他の育児者などの役割にも目が向けられている。三歳児神話には,少なくとも合理的な根拠は認められない。

大切なのは,子どもに注がれる愛情の質である。

 

厚生労働省 厚生白書(平成10年版)

 

 

母親が愛を注いで育てるのは当然大事なことだけど、母親だけに責任をおしつけるのはどうかと思います!母親にだってやりたいことや人生がある!
子供に対する愛情と質を大事に考えれば、人に預けても全然いいんです!
とにかくママも心からの笑顔が大事ですね♪

SPONSORED LINK




3歳までに形成された性格は一生変わらない


【三つ子の魂百まで】
=「三つ子」とは、3才の子供のことを転じて幼い子という。
「幼い頃の性格は、年をとっても変わらない」ということ。
幼い頃に習ったり覚えたりしたことには用いない。

↑出典   ことわざ辞典

子供は生まれつき個性を持っていて、生まれつきの個性特徴は「気質」という
乳幼児に見られる「気質」は遺伝子的要因を強く受けたものであると考えられる。
ただし、複数の遺伝子が関与しているということ。

養育者が産まれもった「気質」をどう捉えるかや、どのような社会・文化で育つかといった環境要因もまた、「気質」や「性格の形成」に大きく影響する。

親の期待・要求と、子供の気質・能力のマッチングの良さ悪さは同じような気質の子でも、それを肯定的にみるか否定的にみるかによって、親の子供への接し方は変わり、また子供の気質も変化していきます。

子供は、愛され大事にされた経験から自分自身に自信を持ち、自分を尊重する感情を持ちます。そして、他人も尊重し信頼することができるのです。
これは、特定の人との愛着関係(親密な絆)が、発達を進めるカギとなっています。
愛着とは、特定の人に対して抱く親密で心に深く感じられる絆のことで、
愛着のできる人を安全基地にして、探索し、不安や恐れがあると駆け寄って、いったんそこで不安を低減させる、その繰り返しで成長していきます。

人は生涯発達し続ける存在です。発達の可能性は極めて大きいのです。
初期の母子関係のみが人間を発達させる決定要因ではなく、あとからやり直しや修正がきく希望もある。

↑出典:   よくわかる 乳幼児心理学 ミネルヴァ書房 

 

 

 

0~3歳の時期の重要さ

 生まれた瞬間やその後の数か月から数年間は、幼い子供が暮らしの中で経験する接触、動き、情緒のすべてが脳内で爆発的な電気的、化学的活動に変化され、脳内の何十億もの細胞がネットワークに組織され、何兆ものシナプスで結ばれる。

子供時代の初期には親や家族やその他の成人との間の経験や対話が子供の脳の発達に影響し、十分な栄養や健康やきれいな水などの要因と同じくらい大きな影響力をもつ。

この時期に子供がどのように発達するかがのちの学校での学業の成否を決め、青年期や成人期の性格を左右する。

↑出典    世界子供白書 ユニセフ(国連児童基金)事務局長 キャロン・ベラミー

 

 

人間の人生において、個人の性格がどう移り変わるのかを調査した、英エジンバラ大学とリバブール・ジョン・ムアーズ大学の共同研究では、14歳の思春期と77歳の老年期の性格を比較すると、個人は全くの別人になり得るという研究結果が発表された。

↑引用   子育て応援 育児ログ

 

 

生まれてから3歳までは、やっぱり「性格の形成」される大事な時期なんですね!

子供の生まれもった「気質」を良い方にのびのび育つ環境を整えてあげて、子供との深い愛着関係(親密な絆)を築ずいていけるよう努力したいですね!

SPONSORED LINKS



 


3歳までに培った習慣が一生つづくため、それまでに教育や習い事をさせるべき?


3歳以前から、保護者が意図的に行う教育の関心が高くなっている。
大きな影響を受けたものとして、「臨界期」の発見がある。

「人間や動物の子供が、ある特定の能力を身に着けることができる時期」のこと。
これが乳児期に集中しているのではないかという考えが背景となっている。

その考えの起源の一つになったのは、オーストラリアの動物行動学者であるローレンツが発見した「刷り込み現象(インプティング)」です。生まれたばかりの動物の子供は、最初に目に入った大きな動く物体を母親とみなすという発見。

しかし、現在ではインプティングという現象は鳥類の一部にみられるだけということもわかっています。

アメリカの精神外科医であるレネバーグは、親に虐待をうけ、監禁され言葉を話すことができなかった子を保護し、様々な言語訓練をしたが、12歳以降になると、どんな言語訓練を行っても新規に言語(文法)を獲得するのは不可能だという報告をしている。

人で確認された「臨界期」は、言語獲得だけです。それも12歳です。

それにもかかわらず、いまだに多くの人が乳児期には人間のさまざまな能力の「臨界期」が存在するから、その時期により良い教育的刺激を与えればその子供の能力をいくらでも伸ばすことができると考えているのが現状です。

実証されていない効果と、子供の意思を無視することの弊害を知ることが大切です!

↑出典:   乳児保育の基本  フレーベル館

 

ペリー幼児教育計画について

ペリーの幼児計画は、質の高い幼児教育によって、子供たちの人生をよりよくすることができることを実証した、1960年代から現在まで続いている(現在、50歳時の追跡調査をしている)調査研究です。

この研究は1962年~1967年に、アメリカで取り組まれたものです。
研究方法は、ミシガン州イプシランティ市学校区ペリー小学校付属幼稚園において、対象は低所得層の貧困家庭に育つアフリカ系アメリカ人の3歳児を実験群と対照群にランダムに振り分け、幼児教育の介入を行ったものです。

子供たちが40歳時の追跡調査では、教育歴・年収・犯罪歴・雇用状況などが指標とされました。

結果は、幼児教育に参加した実験群は対照群に比して、高等学校の卒業率や年収において優位に高く、犯罪歴は低いというものでした。

詳しくこちらに書いてあります

↑出典   保育の心理学 (MINERVAはじめて学ぶ子どもの福祉)

 

 

  脳の視覚野におけるシナプスは、ニューロン当たりの形成数が生後12か月にピークを迎え、その後、徐々に減少していくことがわかっています。
そのため、乳幼児期に脳にどのような刺激を受けるかが、脳の成長にとって大切なことだと考えられています。

ただし、このことを拡大解釈し、乳幼児期の生育環境が脳の構造を決定し、ひいては脳の機能までも決定してしまうと考える人もいます。
そのような理論と3歳児神話を重ねて、結論付けてしまうのです。

引用   ベビリナ 3歳児神話の真意   

 

色んな意見がありますが、
3歳までに教育をさせると、特別 頭が良くなるということではないみたいです。

3歳までの急激な脳の発達時期に、母親(養育者)のコミュニケーションや愛情と五感を刺激してあげることが大事ということです。
ペリー幼児教育計画は3歳以降からの検証のようなので、やっぱりそれまでは愛情いっぱいに遊んであげるのが一番良いのではないかと色々調べて思いました。
親の価値観を押し付けたりせず、その子の「気質」に合わせて良いところを伸ばしてあげれるといいなと思います。

SPONSORED LINKS



 

終わりに

子供を保育施設や人に預けると、「かわいそう」「愛情が薄い」「子供の気持ちを考えてない」などと見られがちですが、子供と接する時間の長さが愛情を決めるのではなく質がとても大事ということでした。
保育施設を利用して仕事と育児の両立をうまく図ったり、専業主婦でも一時保育やベビーシッター、家族にまかせて たまにはのびのびとストレス発散しましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました!!!(^^)!